FX・不動産による資産構築ガイド

不動産投資をしたい、FX(外国為替証拠金取引)をこれから始めようと思っている初心者の方のための解説サイト。

« 2007年07月 | Top2007年09月 »

新着情報【2007年08月】

厚生労働省は2005年所得再分配調査の結果を発表しています。それによると、2005年のジニ係数は前回調査からプラス0.028ポイントの0.5263。

証券取引等監視委員会が宝印刷の元社員を証券取引法違反容疑で札幌地検に告発する方針を固めています。証券取引等監視委員会によると、この宝印刷の元社員は上場企業が株主にTOBを知らせる文書の印刷を請け負ったことを社内情報で知り、この対象企業株を事前に購入して売り抜けるという手口で数千万円の売却益を得ていたとのこと。

青森県などによって設立され、フューチャーベンチャーキャピタルが運営する『あおもりクリエイトファンド』が、『クラーロ』など3社に対して2億6千万円を投資したと発表しています。クラーロ以外の投資先は、『東北デバイス』『ヘイプ』の2社。

アメリカ大統領選挙に出馬中のミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事が個人資産を公開しています。ロムニー氏の選挙対策陣営が連邦選挙委員会に提出したもの。公開内容によると、ロムニー氏の個人資産は1億9000万ドルから2億5000万ドルの間。

本部をマニラに置いているアジア開発銀行が、近年急速に進んでいるとされる経済格差についての報告書をまとめました。報告書では、中国を筆頭としてアジア各国の経済は好調に推移しているが、発展途上国においては貧困層が豊かになっていくスピードよりも富裕層がさらに豊かになっていくスピードの方が速い、と指摘されています。

温暖化ガスの増加が地球規模での大きな課題となっていますが、政府では住宅・商業ビルなどで省エネ対策の改修工事を行った場合に税制優遇を行う措置について検討を開始しています。

林野庁が実施している『緑のオーナー制度』によって成長した木の販売額が低迷しているために、50万円の出資に対して販売額が29万5千円にとどまり、98%において元本割れを起こしていることが明らかとなりました。

ロイターが個人投資家に対して2007年7月に行った調査です。全体的に、そもそも日本の金利が他国に対して非常に低いため、少々の利上げでは各個人の投資行動に対して大きな影響を与えないのではないか、という意見が多かったようです。