Top >  初心者向け用語集 >  通貨単位・取引単位とは

通貨単位・取引単位とは

FX(外国為替証拠金取引)は、一般的にはレバレッジ(手持ち資金よりも大きな金額を取引すること)を効かせて取引するのが普通です。

そのため、大抵の業者ではこの通貨単位・取引単位が10000通貨単位から、と書かれているのをよく目にするのではないでしょうか。

10000通貨単位とはどういうことかというと、例としてドル円の取引を挙げれば、

「10000通貨のドル円取引→1ドルが100円の場合には10000×100=100万円の取引」

ということです。50000通貨のドル円取引をすれば、50000×100で500万円の取引になります。

100万円分の取引をしている時に、口座に100万円が入っていれば、「レバレッジ1倍」で運用していることになりますが、10万円しかなければ「レバレッジ10倍」での運用をしている状態です。

この通貨単位については各FX(外国為替証拠金取引)業者で大きく異なっていて、10万通貨単位での取引しか認めていない業者から、最近では100通貨単位での取引ができるようになったところまで様々です。

通貨単位・取引単位の小さな業者ほど、最初のお試し的なFX取引には向いているのですが、手数料の関係でそれほど大きな利益を上げることは難しいかもしれません。

一般的には、1万通貨単位でFX取引を行なっている人がほとんどだと思います。

初心者向け用語集

関連エントリー

FX初心者が気になる信託保全の仕組みとは?
通貨単位・取引単位とは