Top >  口座開設の手順 >  FX口座開設の手順

FX口座開設の手順

一般的なFX(外国為替証拠金取引)口座開設の手順です。

・(資料を見たい場合には)資料請求
・書面orオンラインで必要事項を入力
・本人確認書類の郵送orオンラインアップロード
・FX業者による審査
・審査に通過すると口座番号、パスワード送付
・銀行などからFX業者へ入金
・オンラインでログインして取引開始

上記が一般的な口座開設の手順になります。
それぞれについての説明です。

・(資料を見たい場合には)資料請求

多くのFX業者では口座を開設して取引をスタートする前に、資料・パンフレットの請求が可能です。
どのようなシステムを使っているのか、会社の財務状態はどうなのか、という点などについて知ることができます。
業者によっては口座開設書類も一緒に送ってくれるところもあります。

・書面orオンラインで必要事項を入力

取引するFX業者を決定したら、書類かオンラインで必要事項を入力して送信することになります。
オンラインの方が手っ取り早く・手間もかからないことが多いです。

・本人確認書類の郵送orオンラインアップロード

口座開設の申し込みをしたのが本人かどうかの確認です。
銀行口座の開設などと同じように、免許証のコピーなどを使用することになります。

・FX業者による審査

必要な情報がFX業者に届いたら、口座開設のための審査が行われることになります。
虚偽の情報で申し込んでいたり、一定の収入(または資産)が無い人は審査で落ちることになります。
申し込み情報に不備があった場合は即審査落ちという事ではなく、再度正確な情報での情報提出をすることになるのが普通です。

・審査に通過すると口座番号、パスワード送付

上記の審査に通過した場合、Eメールもしくは郵送で口座開設の案内・口座番号・パスワードなどの情報が送られます。
取引システムの使用マニュアルなども業者によっては送られてきます。

・銀行などからFX業者へ入金

取引を開始するためにお金をFX業者へ送金しなければなりません。
特に何円入金しなければならないという決まりは無いのですが、口座開設キャンペーンなどの時に申し込んだ場合は、決められた金額以上を入金することによって特典を受けることが可能です。
実際の取引を開始せずにとりあえずデモトレードを試すという場合には入金が不要な会社が多いと思います。

・オンラインでログインして取引開始

ログインして実際に取引をすることになります。
FX取引が初めてという場合には、いきなり売買をせずに色々と情報を集めてからの方がいいでしょう。

口座開設の手順

関連エントリー

FXの口座を開設するときに業者から確認の電話は来る?
何でFX口座開設で銀行情報を登録しなきゃいけないの?
FX口座開設の手順