Top >  資産運用コラム

資産運用コラム

資産運用コラム一覧

lime.jpg

出産費用の平均は?

一般的に、出産費用の平均は50万円前後だといわれています。もちろん、細かい経費やかかった病院など、それぞれのケースによって違いはあるわけですが、大体このくらいが普通なのではないでしょうか。

30代の平均貯蓄額

30代の平均貯蓄額は約600万円だとのこと。統計調査によると、2003年に世帯主が30代であった家庭の平均貯蓄額は596万円。ただし、この数値は平均値ですので、1億円の貯蓄を持つ人が100人いて、1円も貯蓄がない人が2000人いれば、平均貯蓄額は500万円前後になります。このことから、周囲の30代が保有している貯蓄額はもっと少ないと考えるのが自然でしょう。

1000万人が年収200万円以下

国税庁の民間給与実態統計調査によると、年収が200万円以下の人が21年ぶりに1000万人を超えたとのこと。

兵庫のゆうちょ銀行、突如県内最大に

2007年10月1日、日本郵政公社が民営化されて日本郵政グループが誕生します。これにより各地でゆうちょ銀行が誕生することになるのですが、兵庫県ではこのゆうちょ銀行が突然県内最大の金融機関に躍り出します。

2007年3月新規学卒者の初任給

社団法人日本経済団体連合会の「2007年3月卒新規学卒者決定初任給調査結果」によると、初任給の対前年上昇率は全学歴でほぼ倍増しているとのこと。2007年の初任給水準は、大学院卒事務系で22万3131円、大学卒事務系で20万5074円。

韓国の上場企業平均給与

2007年9月10日現在で韓国の証券先物取引所に上場している時価総額上位100社が金融監督院に提出した事業報告書によると、一ヶ月の平均給与は419万ウォンだったとのこと。419万ウォンは、日本円にしておよそ50万円ほどになります。

生活費100万円を除き全財産提供

2007年9月10日、宇都宮地方裁判所において足利銀行と旧経営陣8人との間で和解が成立しています。今回の訴訟は、足利銀行側が旧経営陣13人を相手取って起こしたもので、ずさんな融資や粉飾決算による違法な配当で損害を受けたとして総額50億円の損害賠償を求めていました。

2007年8月のアメリカ雇用統計非農業部門

サブプライム問題に関連して、アメリカで経済指標の悪化データがポロポロと出てきています。日本時間2007年9月7日夜に発表があったアメリカ雇用統計非農業部門調査において、4年ぶりの減少となるマイナス4000人という数字が出ています。

2007年7月の現金給与総額

2007年9月3日、厚生労働省が7月の毎月勤労統計調査速報を発表しています。これによると、従業員5人以上の会社ですべての給与を合わせた現金給与総額は38万6446円。

個人投資家の外貨建て資産総額35兆円に

日本の個人投資家による今年の外貨建て資産の増加額は1ヶ月平均で1兆2000億円に達しています。2007年6月までに個人投資家の外貨建て資産総額は35兆円になったとのこと。

2005年の世帯所得格差

厚生労働省は2005年所得再分配調査の結果を発表しています。それによると、2005年のジニ係数は前回調査からプラス0.028ポイントの0.5263。

印刷会社社員がインサイダー取引

証券取引等監視委員会が宝印刷の元社員を証券取引法違反容疑で札幌地検に告発する方針を固めています。証券取引等監視委員会によると、この宝印刷の元社員は上場企業が株主にTOBを知らせる文書の印刷を請け負ったことを社内情報で知り、この対象企業株を事前に購入して売り抜けるという手口で数千万円の売却益を得ていたとのこと。

あおもりクリエイトファンドが投資を開始

青森県などによって設立され、フューチャーベンチャーキャピタルが運営する『あおもりクリエイトファンド』が、『クラーロ』など3社に対して2億6千万円を投資したと発表しています。クラーロ以外の投資先は、『東北デバイス』『ヘイプ』の2社。

ミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事

アメリカ大統領選挙に出馬中のミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事が個人資産を公開しています。ロムニー氏の選挙対策陣営が連邦選挙委員会に提出したもの。公開内容によると、ロムニー氏の個人資産は1億9000万ドルから2億5000万ドルの間。

アジア途上国の格差拡大

本部をマニラに置いているアジア開発銀行が、近年急速に進んでいるとされる経済格差についての報告書をまとめました。報告書では、中国を筆頭としてアジア各国の経済は好調に推移しているが、発展途上国においては貧困層が豊かになっていくスピードよりも富裕層がさらに豊かになっていくスピードの方が速い、と指摘されています。

省エネに対して優遇税制

温暖化ガスの増加が地球規模での大きな課題となっていますが、政府では住宅・商業ビルなどで省エネ対策の改修工事を行った場合に税制優遇を行う措置について検討を開始しています。

国有林投資は98%が元本割れ

林野庁が実施している『緑のオーナー制度』によって成長した木の販売額が低迷しているために、50万円の出資に対して販売額が29万5千円にとどまり、98%において元本割れを起こしていることが明らかとなりました。

追加利上げされた場合の個人投資家行動

ロイターが個人投資家に対して2007年7月に行った調査です。全体的に、そもそも日本の金利が他国に対して非常に低いため、少々の利上げでは各個人の投資行動に対して大きな影響を与えないのではないか、という意見が多かったようです。

10億円所得隠しで86歳のジイサン起訴される

兵庫県西宮市で外国為替証拠金取引によって得た所得計7億2600万円を隠して約2億5000万円を脱税していたとして、33歳の女性・63歳の父親・63歳の母親を大阪国税局が大阪地検に所得税法違反罪で告発しています。

海外富裕層を訪日誘致

国土交通省・経済産業省が日本国内の旅行関連業界・航空会社などと連携を組み、金融資産を100万ドル以上所有している富裕な外国人旅行者の誘致に乗り出します。

個人投資家の意識調査

老後の生活資金のために投資を行っている人は48.5%。余剰資金の運用先として投資を行っている人が53.5%。また、生活資金作りのために投資を行っている人が27%います。現在日本国内の株式に投資を行っている人は94%。

りそな銀行が首都圏郊外富裕層取り込みへ

りそな銀行が神奈川県横浜市青葉区青葉台に『りそなパーソナルステーション青葉台』を出店します。りそなパーソナルステーション青葉台は、資産運用などの相談業務に特化した個人向けの小型店舗です。今回の出店でりそな銀行は、首都圏の郊外に居住中の富裕層を取り込んでいくのを狙いとしているようです。

三菱UFJ信託銀行の日本版401kが1兆円突破

三菱UFJ信託銀行の受託している確定拠出年金の残高が、業界で初めて1兆円の大台を突破しました。業界全体における確定拠出年金の残高は約3兆円で、当然のことながらトップのシェアを保持しているのは三菱UFJ信託銀行となっています。

平成18年の貯蓄と負債

二人以上の世帯における1世帯当たり貯蓄現在高は1722万円。負債現在高は506万円。貯蓄現在高の平均値を下回っている世帯は67.9%。負債平均値を下回っている世帯は60.4%。

国債の売り上げ激減

日本銀行が発行している個人向け国債の売り上げが激減しています。2006年7月に、5年4ヶ月ぶりにゼロ金利政策を解除して以降、個人向け国債の販売額が急激に減少していることが分かりました。

京都銀行が退職金優遇定期を取り扱い開始

京銀退職金特別定期預金ファーストステップは、退職金を原資とした定期預金に対して特別金利を適用するもので、スーパー定期3ヶ月で年利2.0%を適用してくれるとのこと。ただし、...

三井住友銀行がコンビニATM無料へ

三井住友銀行が、2007年3月12日よりインターネット通帳に切り替えることなどによってコンビニATMの引き出し手数料が無料になるサービスを開始します。

ネット証券新規口座が増加に転向

インターネット専業証券大手5社(カブドットコム証券・松井証券・楽天証券・マネックス証券・SBIイー・トレード証券)の2007年1月新規開設口座数が4万9千口座となり、3ヶ月ぶりに増加に転じたとのことです。

日本初の農業ファンド登場

日本で始めての農業ファンドが登場しています。ファンドの名称は「えひめガイヤファンド投資事業有限責任組合」。

エッセンG7でヘッジファンド議論

円安問題に関連してヘッジファンドについても議論がなされるものと考えられています。突然規制が強化されることは考えにくいのですが、各国で監視が今後強まっていくと想定しておいた方が良いのかもしれません。

外貨建て投資信託残高が20兆円突破

2006年の外貨建て投資信託の平均残高が2005年比で46%増加し23兆3300億円に。

おれおれ詐欺と迫真演技

おれおれ詐欺の被害者を対象としたアンケートによると、95%の人が事前におれおれ詐欺の手口を知っていたにも関わらず被害に遭っていたとのこと。

証券税制税率軽減措置継続を要望へ

日本証券業協会が配当・株式譲渡益の税率に関して適用期限を延長するように政府・与党へ要望する方針であることがわかりました。

出産育児一時金が増額

2006年10月から、出産育児一時金が現在の30万円から35万円に増額される予定です。

平成16年の平均貯蓄高

勤労者世帯の1世帯あたり貯蓄現在高は1273万円(前年比マイナス1.5%)。

平成16年・家計の金融資産

貯蓄のない世帯が20%を超え、単身世帯では30%を超えています。また、金融資産を保有する世帯では、預貯金の割合が6割となっています。

負債の平均値は?

負債保有世帯のみに絞って負債現在高の平均値を調べてみると、全世帯では1223万円、勤労者世帯では1242万円でした。

貯蓄の種類は?

全世帯平均で貯蓄に占める割合が最も高いのは定期性預貯金で763万円。

平成16年・月間平均給与額

それぞれの産業別でも規模が大きくなるにつれて若干給与総額は上昇しているようです。

平成17年4月の勤労者世帯収入と支出

勤労者世帯の2005年4月における平均収入は492832円で、内訳は世帯主収入が373633円、配偶者の収入が50686円、その他の世帯員収入が9431円、事業・内職収入が2848円などとなっています。

いつ売るべきか

多くの人が『いつ株を買うべきか』は考えますが、『いつ株を売るべきか』について真剣に考えることがありません。

毎年6%稼ぐには

売買判断は翌年のリターンに大きな影響を及ぼしますし、売買の度に手数料を取られ、利益が出ていればさらに税金を取られることになります。

大きな銀行、金利は上げない

 メガバンクと呼ばれるような大手銀行と、インターネット専業銀行では、どちらの方が...

通帳は何冊ありますか

あなたは、銀行や郵便局などの通帳を一体何冊持っていますか?家族全体の通帳を合わせたら、全部で何冊になるでしょうか?

いくら欲しいのか

エクセルなどの表計算ソフトを多少でも使える人で、資産運用・資産形成に興味のある人だったら、次のような計算をやってみたことがあるのではないでしょうか。

結婚にかかるお金

結婚情報誌『ゼクシィ』の調査によると、結婚費用総額の全国平均は537万円となっています。

多くは損をする

多くの調査では、資産運用をしている人の内、儲かっているのは10~20%、トントンという人が10~20%で、それ以外の人は損をしている、または大損している、という結果が出ています。

何でもベンチャーかよ

周囲の人に『独立した』『独立する』と伝えたら、どんな反応をされるか想像ができますか?

すぐに飛びつくな

『何とかファンド』といわれて珍しいというだけで飛びついたら大損した、ということになりかねません。

子供が医学部に?

長い人生の中では、思わぬ?突発事態にも備えなければならない、という例です。

ザル法にならないように

強引な電話勧誘などで問題の多かった為替証拠金取引ですが、金融先物法が改正されて規制がかかることになります。

ヤフーの証券参入

一般的には規模が大きい会社や有名な会社の手数料は高く、逆に規模が小さかったり無名な会社だったりすると手数料は安くなります。

貯金が増えないのは

なぜ、貯金が増えないのか?それは、稼いだ金額と同じだけの金額を支出しているからです。もしくは、稼いだ金額よりも多くの支出をしているからです。

何度も株価をチェック

初めて株を買った日に、誰もが必ずすることがあります。それは、『一時間おきに株価をチェックすること』です。

みんなのちょきん

他の人は年にどれくらい稼いでいて、どれくらいの貯金を持っているのか、気になることはありませんか?

売買タイミングより手数料

手持ち資金が少ない場合、株式投資などで最も重視しなければならないポイントは何でしょうか?

給与所得控除縮小、など

ゆがみを修正するのであれば、それなりに減税になる人もいなくては理屈が合わないとは思うのですが・・・。

ゆっくり金持ちに?

はるかに遠い未来に向けて決意を固めるのは並大抵のことではできません。

平成17年4月の勤労者世帯・金融資産

平成17年4月の勤労者世帯平均貯蓄額は36276円です。内訳は預貯金が11111円、保険が25165円。

平成16年、日本の平均賃金

今後しばらくは30万円を境にして平均賃金が推移していくことになるのかもしれません。

社長の平均年収3200万円

日本企業の社長の平均年収は3200万円との調査結果。

保険商品が複雑な理由

昔の保険はもっと単純だったはずなのに、現在の保険商品がこれほど複雑なものになっているのはなぜでしょうか?

起業・独立ブームの裏側

起業に関する本には、あまり失敗した事例は語られません。

どの位貯金すべきか

自分は今後どういうときにどれくらいのお金を使い、それ以外に手元にいくらあれば安心なのか、を考えて行動した方が合理的です。

節約テクニックの前に

目に付いた節約テクニックを片っ端から実践する前に。

はじめに読んでほしいページ

収入アップや節約を考える前に、まずこのページに一通り目を通していただけると幸いです。

税金と手数料

資産運用シミュレーションで忘れられがちなことについて。税金と手数料。